Google
www を検索 ict-cube.jp を検索
パソコンサポート
  Top > 製品情報 > 工事管理_使用方法 > 1-1 クライアント設定
1.  メニューバーの「クライアント設定」をクリックします。
この画面で設定される事項は、現在操作しているパソコンの工事管理ソフトのみの設定です。
他のパソコンにインストールされている、工事管理のソフトには影響しません。
  工事管理 メニューバー
   

   
2.  インストールの時に、インストール先を変更しなければ、「C:\工事管理\」に「工事管理_db_Ver(バージョン番号).mdb」になっています。
データベースの位置を、ファイルサーバーやNASに変更した場合は、参照ボタンをクリックして、ファイル参照ウィンドを開きます。
  工事管理 クライアント設定
   

   
3.  お使いのバージョンのmdbファイルを選択して、「確定」をクリックします。
  工事管理 クライアント設定 参照
   

   
4. 画面に、参照したmdbファイルのパスが表示されたのを確認してから、「設定」をクリックします。
データーベースに正常に接続できた場合は、「正常に設定されました。」とメッセージが表示されます。
mdbの参照先が、NASやファイルサーバー、他のパソコンの場合、メッセージが表示されるまで、5分ほどかかる場合もございます。
  工事管理 クライアント設定
   

5. 「正常に設定されました。」の表示が出れば、「閉じる」をクリックして、画面を閉じてください。
   

6. 以下のメッセージが表示された場合は、mdbファイルが壊れているか、工事管理用のmdbファイルではない可能性があります。
また、mdbの参照先がNASやファイルサーバー、他のパソコンの場合、ネットワークが正常でないか、セキュリティーでアクセス出来ない可能性がありますので確認してください。
  工事管理 クライアント設定